好評のカットには理由があります。 
  頭の形(骨格)と、髪の質(硬さ・多さ・くせ・方向性・長さ・動き・重なり)を 
  正確に測ってデザインするからです。 
 
  美しいシルエット、いきいきと動いてキレイに納まる喜び、 
  そんなヘアスタイルづくりは、頭の形と髪質をはじめとする様々な条件を考えに入れ
  計算されたデザイン(技術)で果たせます。 

  頭の形を横の部位として測る/部位による髪の上下の重なりと動きを判断 

  

 [フロントセクション]
顔の正面、額縁となるところで、
似合わせの重要なポイントになります。
特に前髪は、おろす・ながす・すく・あげる
という方法もいろいろ、顔の表情など イメージを
大きく変化させるところです。

 [トップセクション]
頭頂部となるところで、
スタイルの一番表面になる部分です。
前後左右に方向性があり
ヘアスタイルの質感イメージを決める
大切なデザイン部位です。

 [オーバーセクション]
骨格の横回りのところで
「ハチ」と呼ばれる外周です。
頭の中で最も張り出している 部位を内包しており
ヘアスタイル的には、この部分の髪が
表面をおおいます。
ポイントは 「ハチ」がどれだけ張り出しているかを
測ります。ロングだとハチに沿って滑るように落ち、
ショートだと髪が立ちやすくなります。

 [ツーセクションライン]
オーバーセクションとアンダーセクションの
2つの部位が重なるラインで、
どこに毛量が たまりやすいか、
いかに調整しながら デザインするか ポイントになります。
頭を小さく見せたり、立体的に見せたり
このラインの取り方が重要です。

 [アンダーセクション]
この部分は「ハチ」の下で、ぜっぺき気味で
毛がたまりやすいのが難点となるところです。
微妙な毛量調整により、ボリューム調整や
動きをコントロールします。

 [ネープセクション]
生えぐせ、毛流れ、重なりが耳や肩、首のありよう、
洋服の衿など相まって気になる ところです。
スッキリと自然な感じにおさめたい デザインポイントです。
自分自身には見えにくい ところだけに、
担当者の感性と親切心が 問われるところです。

 [耳上・耳後ろ]
この部分は骨格がどの程度出っ張ったり、
引っ込んだりしているかが要注意です。
ここの毛量を上手く処理することにより
スタイルにメリハリが出てデザインが生きてきます。
   縦のセクションで分けると・・・      下に向く髪を縦の部位として測る、隣り合う髪の連なりと   骨格の形状から髪の方向性と動きを調整するデザインをします。   @頭の丸みに沿って、扇状に髪の毛が広がる。   A髪の毛が前に動きやすく、後方には動きにくい。   B髪の毛が前後とも動きにくい。   C髪の毛が後方には動きやすいが、前には動きにくい。   D髪の毛の重なりが多く、動きにくい。   実際のカット・パーマでは、縦と横のセクションを組み合わせ   ブロック毎に施術します。 トップへ戻る 検索で来られて、左側にメニューが表示されていない方は こちらからトップページへどうぞ 〒583-0853 大阪府羽曳野市栄町6-1 杉村ビル  美容室 .un (アン)  古市駅より徒歩3分  セット 着付け メイク も承っております。